ロゴ
HOME>Review>下肢静脈瘤に気づいたきっかけから症状を学ぼう

下肢静脈瘤に気づいたきっかけから症状を学ぼう

足

女性に多いと言われる下肢静脈瘤は、早めに気づくことで簡単な治療で改善することができる可能性があります。そのため、どういった時に下肢静脈瘤に気づくことができたのか口コミからチェックすると良いでしょう。

この話題の口コミ

足の血管がボコボコしていたので病院に行きました

最初は足の皮膚の一部が腫れているだけと感じていたのですが、次第に腫れに色が付いてきて、膨らんでいるのは皮膚ではなく血管だと判明しました。足のしびれまで発生して、これは何かの病気かもしれないと考えて、病院で診断を受けた際に知ったのが下肢静脈瘤という病名です。このまま血管の異常を放置していると、痛みまで発生する可能性があると分かったので、すぐに手術を行ってもらいました。レーザーを使って血管の一部を焼く手術を受けたところ、膨らんでいた血管も短時間で小さくなっています。手術を受けた直後から歩く事もできて、手術の傷跡が目立ってしまう事もありませんでした。足の皮膚が膨らんでいるのが分かってから、一ヶ月も経たないうちに手術を受けたのも、手術跡が目立たずに済んだ理由です。
(40代 女性)

何をしても足のだるみがとれなかった

昔から足の一部の血管が浮き出ていたので、これは体質なのだろうと考えて放置していたところ、下肢静脈瘤が原因の疲労感に悩まされる事になりました。何をやっても足のだるさが取れなくて、マッサージを受けても効果が実感できません。このままでは仕事を続けるのも大変なので、下肢静脈瘤の手術を病院で受けたところ、足のだるさが完全に無くなっています。何をやっても取れなかった足の疲労感が、これほど簡単に取れるのであれば、もっと早いうちに治療を済ませておくべきでした。傷跡も小さいので周囲の視線も気になりませんし、今のところ症状も再発していません。また足のこぶが出てくるようであれば、今度はすぐにでも手術を受けるつもりです。
(30代 女性)