ロゴ

下肢静脈瘤の治療法【病気に悩まないための策】

レントゲン

誰もが発症する恐れのある脳梗塞【治療で健康体を取り戻す】

脳梗塞は脳の血管に血栓ができたり心臓からの血栓が流れてきて起こる病気で、血液や脳のための薬剤を使う治療を行います。この病気の予防としては、EPAの多い魚類を食べたり水分をこまめに補給したりするなど、健康に良い日常生活を考えていくことが大切です。

和食

糖尿病の食事に気を付ける!飽きない食生活を始めよう

糖尿病の食事療法は食べたい物を我慢するのではなく、バランス良い食事を規則正しく摂る事が重要ですが、作る事や続ける事が難しい場合には、糖尿病向けにカロリーや栄養が計算された宅配食の利用が便利です。

特徴と治療法をチェック!下肢静脈瘤の悩みを解消しよう

医療

あまり聞きなれない言葉に「下肢静脈瘤」があり、これは女性がなりやすいと言われている病気です。足の静脈に起こる血管疾患になっており、下肢静脈瘤になってしまった場合は足の血管がボコボコと浮いてしまったり、足のだるさや浮腫み、痛みが伴ったりするでしょう。下肢静脈瘤になってしまった場合は、放置していても自然に治ることはありません。また、命にかかわるほどの重大な病気ではないものの合併症を引き起こす可能性があります。そのため、下肢静脈瘤になってしまった場合は病院で治療を受けるようにしましょう。治療としてはレーザー治療や硬化療法、ストリッピング手術などがあり、症状に応じた治療が行われます。基本的に日帰りで手術が受けられるため、忙しい人でも治療を受けることができるでしょう。また、できる限り下肢静脈瘤にならないようにする必要があるため長時間同じ姿勢をとらない、肥満にならないように適正体重をキープするなど普段の生活で注意することが大事です。

Review

足

下肢静脈瘤に気づいたきっかけから症状を学ぼう

足のこぶが大きくなってきたら、それは下肢静脈瘤かもしれないと考えて、すぐ手術を受ける事をおすすめします。こぶを放置していると足の疲労感に悩まされたり、痛みが発生する事もあるためです。

脚

治療すれば治すことはできる!下肢静脈瘤の治療を受けた人の声

下肢静脈瘤は、脚の静脈にコブが出来ている状態なので、見た目が悪いので悩んでいます。専門クリニックでは、日帰りのレーザー治療や、体に負担の少ない外科手術が受けられます。

診察室

夜間診療を利用するメリット【健康を守るための術】

浦安の街には、夜間診療をしてくれる病院があります。子育て中の母親にとっては、とても安心感が持てることになります。小さな子供は、夜になると具合が悪くなることが多いからです。

カウンセリング

糖尿病を治療していくためには病院選びが重要となる

糖尿病は長く付き合っていかなければならない病気なので、相性のよい信頼できる医師との出会いはとても大切です。小岩の病院では、担当医に食事管理や運動療法などを気軽に相談でき、専門的な立場から親身にアドバイスしてもらえるので助かります。

[PR]
池袋にある内科医院を受診しよう
身体の不調をしっかり解消☆